肌が汚くても可愛い女から肌がきれいで可愛い女になる

肌が汚くても可愛いと言われたのなら、きれいな肌になればいいのです。

「肌が汚い超美女」と「肌がきれいな普通顔女子」どちらと付き合いたいかたというアンケートで8割以上の男性が「肌がきれいな普通顔女子」を選びました。

それだけ肌が美しいことは見た目において影響するのです。いま肌が汚いと悩んでいたとしても、きれいな肌になることはできます。

それでは汚い肌からきれいな肌になれる方法を紹介します。

化粧品は劣化する前に交換する

普段使っている化粧品はすぐに使っていますか?化粧品も開封すれば食品と同じく劣化します。

劣化した化粧品を肌につけると肌に悪影響を及ぼしてしまいます。現在使ってる化粧品でもいつ購入して開封してから時間が経っていないかを確認しておきましょう。

化粧下地やファンデーションは肌につける量が多いですから最も気を使うべきものです。交換時期はシーズンごとですか長くても半年以上は使い続けないようにしましょう。

パウダーファンデーションが残っているのでしたら、フィニッシュパウダーとして再利用できます。ただし1年以上経過したファンデーションは強姦するようにしましょう。

メイク道具は清潔に

普段使っているメイク道具も清潔にしておくことが大切です。 歯ブラシは直接肌に触れますのでそれが それが不潔ですと肌に悪い影響を及ぼすのが分かるのではないでしょうか。

メイク道具はこまめに洗ってしっかり乾燥させることが必要です。濡れたままですと雑菌が繁殖してしまいさらに不潔な状態になってしまいますので、洗った後はしっかり乾燥させてから使うようにしましょう。

正しいスキンケア

スキンケアは高価なものを使えばいいというわけではありません。間違ったスキンケアをしていては効果ありませんし、 肌をさらに汚くしてしまう原因となってしまいます。

まず洗顔しましたら、すぐにメイクに取り掛かれるようにしましょう。洗顔後は肌の皮脂が少なくなってしまうため水分が蒸発しやすい状態になっています。

水分を逃さないために早めにスキンケアをすることでカバーすることが重要となります。

スキンケアの始めにまず化粧水でたっぷり水分補給し保湿しましょう。さらに化粧水を使った後は乳液やクリームでスープを閉じ込め潤い保護することを忘れないようにしましょう。

古い角質が肌に残ったままですと汚れの原因となりますし、化粧ノリも悪くなります。 古い角質洗顔だけでは落としきれない時はピーリングが効果的です。

ただしピーリングは古い角質を擦りておりますので肌に負担は大きいです。そのため頻繁に使うのではなく週に一度くらいの使用頻度をお勧めします。

毛穴に詰まった角栓は簡単には落としきれません。毛穴パックなど鼻に貼ってはがすタイプがありますが肌にへの負担も大きいです。

頻繁に使うとさらに毛穴が広がってしまう原因となってしまいますので、普段の洗顔やクレンジングでお手入れすることが一番です。

スチームや蒸しタオルで毛穴を開いた後に泡立てた洗顔フォームで洗いますとより効果的です。

頑固な汚れには酵素洗顔を使ってみてください。毛穴に詰まった皮脂や古い角栓を酵素の力で分解して落としますので、肌がきめ細やかな綺麗な状態に導きます。

注意すべきことは酵素洗顔は洗浄力がとても高いので短時間で洗い流す必要があります。刺激物多いですので敏感肌の方は使用頻度にも気をつけるようにしてください。

肌が汚い原因は日頃のスキンケアメイクの積み重ねによって改善することができます。肌が綺麗にすることは1日で結果が現れることがありませんので毎日のお手入れが重要になります。正しい方法を継続していけば綺麗な肌を手に入れることができます。

今回紹介したことを参考にして「肌が汚くても可愛い」と言われていた自分にサヨナラして、「肌がきれいで可愛い」と言われる日が来ることを心より願っています。