肌が汚い人のファンデーションとベースメイク

肌が汚いと悩んでいる女性でしたらファンデーション選びは気を使うことでしょう。

肌が汚いと言っても、ニキビやニキビ跡、色黒、毛穴の開きが目立つ、シミが多い、乾燥肌など様々な悩みがあるものです。

ファンデーションで肌の悩みをカバーしたいのでしらば、天然成分の肌に負担をかけないファンデーションを使いましょう。

肌にやさしく美しい肌に導くファンデーションがあります。コンシーラーの役目を果たしますので自然な素肌っぽい肌を実現します。
ベースメイクは丁寧に
ファンデーションでベースメイクを適当にしていれば肌が綺麗には見えません。年齢を重ねることで肌トラブルが増えますから、ベースメイクはより丁寧に行う必要があるのです。

隠すところはしっかり隠して、素肌っぽいナチュラルメイクに仕上げるにはコツが必要です。ベースメイクを怠ることで厚塗りになってしまったり崩れやすくなったりします。

肌がクレーター状に凸凹となってしまっていれば、特に凹んだところにファンデーションが埋まってしまいます。埋まった部分は見た目も汚いです。厚塗りしてしまえば実年齢よりも老けて見てしまいます。

ベースメイクの時にファンデーションは基礎化粧品日焼け止め化粧下地の次に使いましょう。

ファンデーション次はフェイスパウダーを使います。フェイスパウダーはベースメイクの仕上げです。皮脂や汗を吸収してテカリを抑えますので化粧崩れをさせないための仕上げが重要となります。

ベースメイクのコツ

ベースメイクにはコツありますので説明します。

基礎化粧品で肌を整えることがスタートとなります。基礎化粧品は化粧水、乳液、クリームなど自分の肌に合ったものを使いましょう。

自分に合ったものでなければ肌荒れの原因となりますし、ベースメイクもうまくいかなくなります。

化粧水はコットンを使ってバッティングします。化粧水はたっぷり使うと水分を補給しますので潤いを長続きさせることができます。バッティングは肌をいたわるように優しくつけていきましょう。

基礎化粧品の後に日焼け止めをつけます。化粧下地の前に使うことを忘れないでください。

化粧下地は肌質が異なるところで下地を変えます。特に変えるところで注意すべきなのは油分が多い鼻や額、乾燥しやすいあごや頬など、肌質が違うところはそれぞれ違う下地となります。

化粧下地は厚塗りにならないように気を付けます。凸凹部分は厚塗りになってしまいがちにですので、指の腹で軽く叩くように塗るのがコツです。

ナチュラルメイクに仕上げるためにはファンデーションはできるだけ薄く乗せるようにしていきます。ベースメイクでコンシーラーを使うのでしたらパウダーファンデーションは化粧下地の後に使いましょう。

リキッドファンデーションならファンデーションの後に使います。ルースパウダーはパウダーファンデーションの前に使いましょう。

最後の仕上げとしてフェイスブラシを使います。肌に余分な粉が残っていますので螺旋を描くように落としていきます。

メイクの前の保湿が重要

メイク前の保湿はしっかりしておくことで仕上がりが全く違ってきます。肌が乾燥してカサカサになってしまいますと、どうしても粉っぽくなってしまいますし、自然な仕上がりにはなりません。

保湿をしっかりしてことで肌に潤いがあり毛穴も引き締まります。ベースメイクの伸びも違ってきますから、より素肌に近い仕上がりになります。

ただし、油分が多いクリームで保湿すると化粧崩れの原因となります。保湿はまず化粧水でしっかりする病気をし、油分の少ないクリームで水分に蓋をします。

冬場の乾燥しやすい季節はスチームでしっかり保湿すると、よりうるおいのある仕上がりとなります。