汚い肌から綺麗な肌になるためにやるべきこと

汚い肌から綺麗な肌になりたいという女性の思いは切実ですし、何としても叶えたいことでしょう。

生まれつき肌が汚い人はもう諦めるしかないと思っているかもしれませんが、多くの女性が美しい肌を手に入れることができています。

それではどうすれば汚い肌から綺麗な肌になれるのでしょうか?

CMで美しい女性がどんなケアをしているかと聞かれると「特に何もしていない」と答えているのを見て嘘に決まってると思うでしょう。中には何もしなくても美しい肌のまま年齢を重ねることができる女性もいます。

ここで一つ質問しますが綺麗な肌とはどういうことなのでしょうか?

綺麗な肌とは肌質がキメ細やかで汚れがない状態をイメージされると思います。しかし、老化やストレス、生活習慣、食生活によって肌の状態は影響されますし、誰もが生まれたままの状態の肌を保つことはできません。

綺麗な肌のためにはスキンケアが必要なのです。

保湿のやり方を間違ってはいけない

汚い肌の人は保湿が足りません。保湿の前に毛穴の汚れをしっかり取り除き肌を清潔にしておくことで肌の状態は著しく改善します。

洗顔は大切ですが石鹸を使った洗顔は1日1回やればそれで十分です。肌の負担となる界面活性剤は入ってない洗顔を使いましょう。石鹸は固形の方がいいです。

石鹸で洗うと汚れが落ちて綺麗になった感じがしますが、汚れというものは毛穴の奥まで残っているものです。

洗顔後に肌が綺麗になったと思っていても余分な皮脂が多く残っています。この皮脂が毛穴のつまりとなりニキビやシミそばかすの原因となるのです。

この皮脂が毛穴に詰まり残っている状態の肌に化粧水をつけたとしても肌の内部までしっかり保湿されません。

ニキビがある場合はさらに気をつけなければなりません。ニキビはデリケートですのでより刺激の少ない洗顔を使いましょう。

汚れは化粧水をコットンに含ませて丁寧に拭き取っていきます。拭き取る時ですが力を入れてゴシゴシとしては絶対にいけません。

肌表面を傷つけてしまうとニキビをさらに悪化させてしまいます。肌のお手入れする時は手をきちんと洗って清潔な状態にしておきましょう。

皮脂が出やすい T ゾーンはコットンを何度か変えて拭き取って皮脂や汚れを落としておきます。

化粧水で保湿するときは、たっぷりと使って保湿をしていきましょう。ですので化粧水は高いものを少量使うよりは、安いものでたっぷり使うほうが効果的です。

保湿の仕上げとなるのが乳液です。乳液は洗顔後の化粧水で水分を肌に補給した後行います。間違って化粧水より先に乳液をつけることはないと思いますが、乳液は油成分で化粧水の水分を肌に閉じ込めます。

乳液を先に使ってしまったら化粧水を浸透させることはできません。使い方を間違っているのでしたら今すぐ改めて正しい保湿の方法をしてください。

毎日鏡を見ましょう

汚い肌が気になってしまうと自分の姿を鏡で見ることが億劫になってしまうかもしれません。

しかし、汚い肌になってしまっているのであれば、それはそのようになってしまう生活習慣やスキンケアをしているからです。

肌荒れは肌からのメッセージなのです。鏡を見ることで肌とコミュニケーションをとることができますし、肌にとって必要なことがわかります。

毎日鏡を見ることで肌が綺麗になっていくのが分かりましたら嬉しいですよね?効果が実感することでさらに綺麗な肌になるためにモチベーションが上がりますので、綺麗な肌へとさらに導いてくれます。

肌がきれいになるにはお金をかけることではなく毎日鏡を見ることから始めましょう。理想の綺麗な肌を目指す女性でしたらそれを忘れないでください。

汚い肌から綺麗な肌になった女性は綺麗な肌になろうという意識を持って毎日を過ごしていますだからこそ綺麗な肌になれたのです。

意識を変えるだけでも大きく違ってきますし、毎日鏡を見ることで変わっていただきたいと思います。