肌が汚い女はモテない自分を変える方法

肌が汚い女性はモテないと聞いて恋愛に億劫になっていたとしたら、それはあまりに切ないですが、そんな悩みは解決することが出来ます。

肌が綺麗なときは恋愛にも積極的だったのに、肌が汚いと思うようにあってから自分に自信が持てなくなってしまった…

肌が汚い女はモテないとまわりからも言われたとしても、今の自分を変えることが出来るのです。

肌をきれいにして素敵な恋愛ができるようスキンケアの正しいやり方を紹介します。

肌荒れの原因は洗顔とクレンジングから

洗顔とクレンジングを毎日行ってると思いますが、肌荒れの原因のほとんどがこの洗顔とクレンジングからなのです。

乾燥肌は洗顔やクレンジングで洗いすぎることで、ニキビや毛穴の開きは洗顔で毛穴を落としきれていないために汚れが溜まってしまうからなのです。

肌をきれいにするためには高額なスキンケアを使う必要はありません。洗顔とクレンジングのやり方を改善することから始まるのです。

肌をきれいにするためのクレンジング

肌をきれいにするために行うはずのクレンジングですか、肌には最も負担をかけてしまいます。ノーメイクの日は洗顔だけで済ませるようにしましょう。

クレンジングオイルが最も肌への負担となりますので、なおさらノーメイクの日はオイルクレンジングは避けるようするとよろしいですよ。

クレンジングでは肌に負担をかけないようメイクを落としていくことが大切です。クレンジングの量は規定量よりも多めでもいいのでたくさん使って、なるべく肌を擦らないようクレンジングしましょう。

クレンジングをするときはたっぷり使って素早く落とすことに気を使いましょう。オイルクレンジングは肌の負担が大きいのでなるべく早く落としきることがポイントとなります。

クレンジングの後は乳化を行う

クレンジングは水を少量肌になじませておくことで乳化できます。乳化することによって 肌に余分な負担をかけることなくメイク落としができます。

乳化しなければメイクを落ちきれず汚れとなって肌に留まってしまいますので、クレンジングの後の乳化は習慣にしましょう。

肌をきれいにするための洗顔

洗顔ではしっかり泡立て濃密なクリームを作りましょう。毛穴の奥の汚れは泡が濃密でなければしっかり行き届きませんし、毛穴のつまりも進行してしまい肌の汚れがさらに酷くなってしまいます。

泡を立てる時は泡立てネットを使って泡立てることで濃密になります。洗顔のコツですが、洗うという意識よりも泡で包み込む感覚が良いです。泡が汚れを包み込んで汚れを落とします。

最後に泡はしっかり洗い流すようにしましょう。洗い流すのは熱湯ではなく体温くらいのぬるま湯を使います。

熱湯ですと潤い成分や肌に必要な水分も洗い落としてしまいますので乾燥肌の原因となってしまいます。

肌をきれいにするためのスキンケア

クレンジングと洗顔を行いましたら仕上げはスキンケアとなります。

化粧水は何度も重ねづけして肌の奥まで浸透させましょう。続いて保湿も欠かせません。

こちらも肌全体に潤いが行き渡りるよう、少しずつ温めるようにしながら肌に浸透させます。これを5回ほど繰り返しますと肌全体に水分が行き渡ります。

肌が汚いからモテないからサヨナラしましょう

正しいクレンジングと洗顔そしてスキンケアを毎日行えば肌が汚い女とは言われることはなくなります。

肌が綺麗ですと女性らしい美しさと魅力を男性は感じます。見た目に自信を持てれば自分自身を変えることができますし、毎日が楽しく過ごすことができます。

それに肌が綺麗ですと実年齢より若く見えますし、女性としても嬉しいですよね。

それでは理想の美しい肌が手に入れられることを心から願っています。