顔だけ肌が汚いにサヨナラ!顔がきれいな肌になるには?

顔だけ肌が汚いのは女性にとって本当につらいですよね。それも体は綺麗なのに顔だけが別人のように肌が汚いのでしたらなおさらですから。

色白は女性の美しさを引き立てるはずですか、顔の赤みや毛穴の火かき、吹き出物がありますと色白であることで余計に肌が汚いことが目立ってしまいます。

メイクをして誤魔化せるのであればいいのですが、そのメイクによってさらに顔の肌が汚くなってしまうとしたら根本的に改善するしかありません。

そこで顔の肌をきれいにするには、どのような方法があるのかについて説明します。

脂性肌

脂性肌とは余分な皮脂のためにベトついてる状態ですが、脂性肌の人はスキンケアを間違っているケースが多いです。

顔の皮脂は皮膚を守るために適度に必要となります。脂性ですと皮脂を洗い落とそうとするでしょうが、皮脂を落としすぎることで肌を守るために皮脂まで洗い落としてしまいます。

それによりさらに皮脂を分泌させてしますので脂性肌が続いてしまうのです。

肌を守るためには保湿も必要ですので、脂性肌だからといって適度な保湿をしなければなりません。

バランスよくスキンケアを行うことが脂性肌の改善には必要ですので、今どのようなスキンケアをしているか、しっかり把握しておきましょう。

乾燥肌

乾燥肌は潤い足りない球に肌がカサカサした状態です。肌本来持っている保湿力が低下してしまったため、肌が水分を保つことができず乾燥した状態が続いてしまいます。

化粧水をたっぷりつけても時間が経つと乾燥してしまうのは、肌に潤いが蒸発しやすい状態になってしまっているからです。

刺激が強いオイルやシートを使っていると潤いまで流しを落としてしまいます。

乾燥肌を改善するためには化粧水で水分をたっぷり与えるとともに、美容液で保湿をして潤いを保つことが重要となります。

間違ったスキンケアをしている人は潤いを補給することばかりで、潤いを保つための保湿をおろそかにしていることが多いです。

潤いが不足している状態では水分が足りませんので、保湿前にしっかり水分を補給してることで乾燥肌の改善を促します。

顔の肌をきれいにするための洗顔方法

顔の肌をきれいにするために正しい洗顔を行いましょう。

まず最初に洗顔料はよく泡立てます。CMでも見かけると思いますかホイップクリームのようにしっとりと泡立てます。

泡立てましたら顔に塗るのではなく、軽く乗せるという感覚で顔につけていきます。泡でパックをしてしばらく時間を置きましょう。

洗い流す時は熱湯ではなくぬるま湯で行います。熱湯ですと必要な水分や皮脂までも洗落としてしまいますので、肌トラブルの原因となります。

洗い流す時は泡を残さないよう洗い流してください。

毛穴の汚れをしっかり落としたいのであれば、蒸しタオルスチーマーなどで毛穴をしっかり開かせてから洗顔をしましょう。

乾燥肌の人は洗顔料では肌に刺激を与えてしまうことがあります。その場合は朝だけは洗顔を使わないで生まれただけで洗顔するようにしましょう。

食生活を改善

普段食べているものは肌にも大きく影響します。脂性肌の人はカロリーが高いものを好んで食べる人が多いですので、カロリー計算をするなどして余分な皮脂を排出させないよう食生活から改めましょう。

乾燥肌ですと、体の内側から保湿力を高めることで改善を早くすることができます。乾燥肌に効果が期待できる食べ物はイワシやサンマなどの青魚です。

これらは肌の保湿機能を促進するセラミドの材料となりますので、体の内側から潤いを促します。

普段のスキンケアや食生活を見直すことで顔の肌の改善することができますので、早速試していただきたいと思います。